ブログランキング

2006年05月21日

V フォーヴェンデッタ、アンダーワールド エボリューション、プロデューサーズ(二回目)、ナイロビの蜂、そして、ダ・ヴィンチ・コード

前回の更新からまたまた日が随分経ってしまいました。なかなか生活のリズムがつかめないというか、家に帰ってからパソコンをつける時間がありませんね。生きるので精一杯です(笑)

前回の更新から観た映画は5本。V フォーヴェンデッタ、アンダーワールド エボリューション、プロデューサーズ(二回目)、ナイロビの蜂、そして、ダ・ヴィンチ・コードと順調に消化しています。

それぞれ面白かったですね。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック
V フォー・ヴァンデッタはマトリックスのクリエーターが再びみたいな感じで宣伝してましたね。でも映像とかは斬新さというのはなかったです。はい。ストーリに関してはマトリックスと根っこの部分は似てましたね。でもラブストーリーって感じではなく、Vとイヴィーの間には常に死という文字が付きまとわっていて悲しげですね。ウォシャウスキー兄弟は自由を得るための革命ってのが好きなんですかねw?ちょっと政治的メッセージが強すぎて重かったです。痛快なアクション娯楽大作を期待してはダメですね★★★☆

アンダーワールドは何も考えなくても楽しめるストーリーでした。しかし、若干前作を忘れていたため途中この人誰だっけ???ってな状態に陥ることもしばしば(苦笑)でも頭を空っぽにして楽しめたので疲れなかったですねw★★★

ナイロビの蜂は美しい映画でした。過去と現代が交互に出てきたり、妻の氏のなぞを追いかけていき徐々に明らかになる陰謀や裏切りなどストーリー的にも非常に良くできていましたが、やはり映像がいい。アフリカの美しい風景や貧しい暮らしの様子などリアルに伝わってきます。生々しい感じが実にいいですね。ただ、重い。晴れた日曜の午後に観に行くような映画じゃなかったです。美しい映像がより悲壮感を漂わせていました。欲を言えば、陰謀などを詰め込みすぎたためか夫婦の愛が若干弱くなっていたような気がします。まあ、それぞれのテーマで映画を作れるくらいのものを一つにしたんですから仕方ないのかなと。★★★★

ダ・ヴィンチ・コードは原作を読まないで行きたかった…。映像もキャストも申し分なく、ストーリーも非常に面白いんですが、原作の内容量が多いため、どうしても削らなかったところなどあったりしてハリーポッター状態です。まあ、2時間半弱にまとめたので仕方のないところなのでしょうがね…。期待しすぎたのかな〜?それでも面白いことには間違いないです。それだけに…。★★★★

天使と悪魔(上)
の映画化も希望です!
天使と悪魔(上)

六本木ヒルズで先月からダヴィンチコード展みたいなのをやっていたのですが、俺もなかなか良かったでね。家族といったのですが、時間の都合上昼飯を食べるとダヴィンチコード展を見れない。ということで、僕は昼飯抜きでダヴィンチを選びましたw六月下旬までやっているようなのでお薦めです!


posted by K at 12:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画
映画好きですか?
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/〜abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2006年12月30日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『ダ・ヴィンチ・コード』について
Excerpt: 『ダ・ヴィンチ・コード[:読書:]』がものすごく話題のようですが、昨日2時間の特番でほとんどバラしていた気もします[:楽しい:]。キリストに子孫がいるなどの結末は、本も映画も見ていない私でも知っていま..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-05-21 16:30
人気blogランキングへ 流行のキーワードをチェック!
キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録